高齢出産

高齢出産で感じたメリットとデメリットについて

2019年6月29日




【高齢出産のメリット】

35才で初めて出産したのですが、経済的な余裕があったことが最も助かりました。

それまで夫婦共に一生懸命働いてきたので、子育てするための貯金が出来た事がなにより大きいと思います。
お金に余裕があるのでベビー用品も好きなものが選べました。

それまで私も主人も好きなことを思う存分にやってきたので、やり残したことがなかったことも良かったです。

【高齢出産のデメリット】

一歩のデメリットですが、30代でも妊娠中の疲れは相当のものでした。
お腹にもう一人いるので、2人分のエネルギーが必要だったので毎日何をするわけでもないのにぐったりしていました。

子供が生まれてからは、公園遊びに付き合うのが体力的にしんどくて「もう少し若かったら違うのかな」と思ってしまいました。
精神面ではゆとりがあっても体力面に問題があると感じました。

【でも結果的に良かった】

体力的にはキツくても年齢を重ねた上での出産なので、子供が可愛くて仕方ありません。

高齢出産になった理由は「好きなことを存分にやったうえで」という考えがあったので、やり残した事が無く育児に専念出来ています。
妊娠中は年齢ならではの不安もありましたが、夫と話し合うことで乗り切れました。







おすすめ!仲良し夫婦になる方法の本

-高齢出産
-,

© 2020 高齢出産の教科書